忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★☆
総評:大雪なんだから、家でじっとしていよう。


大雪の中運転するくらいなら、仕事を休んだ方がマシだと思います。
駐車場から出るだけで30分かかっちゃうハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
スウェーデン出身の女性4人組ポストロック・バンド、
AUDREYの『The Fierce And The Longing』(2009年発表)です。

今回も何の期待もせずにツタヤでレンタルしてみましたが、
最近のポストロックの中では、かなりの傑作です。

ほんのちょっとビョークを意識した歌声、
神秘的で心地よくなるギターのクリーントーン、
控えめながらスパスパっときまる軽快なリズム、
それにノスタルジック管弦楽器と、
それぞれが危なっかしくも絶妙なバランスで重なり合っています。

時には崩れそうに儚く、
時にすべてを包み込むほど壮大でありながら、
不思議と静かな時間の流れを感じるアルバムです。

全体の印象は地味で淡々としていますが、
内側に秘めた情熱的な部分は、しっかり感じ取れます。

ツタヤではポストロックという括りで紹介されていましたが、
どちらかと言えば、LowやCodeineみたいな、
スロウコアが好きな人におすすめしたいアルバムです。

現在ワタシの住む長岡市が大雪だからかも知れませんが、
先程から、なんて雪景色に合うアルバムなんだろうと感心しています。
これも、スウェーデンのバンドが持つ魔法でしょうか。

是非、北欧の冬景色を思い浮かべながら聴いていただきたい一枚です。

PR

採点:★
総評:同じ曲が15曲…。これはヒドイ。


夏休みの自由研究で「確率」の実験のために、
1万回のコイン投げをやったことがあります。
無駄な時間を使っていたハオリンです♪

本日紹介するアルバム(シングル?)は、
Beatallicaの『All You Need Is Blood』(2008年発表)です。

存知の方も多いと思いますが、
このBeatallicaというバンドは、
ビートルズの曲をひたすらメタリカ風に演奏するのが特徴です。

この『All You Need Is Blood』は、
ビートルズの”All You Need Is Love”をメタリカ風にアレンジして、
いろんな国の言語で歌うというものです。

曲ごとに、各国の国歌が10秒ほどイントロで流れるんですが、
それ以外の演奏は15曲とも、全く同じ。

歌も、英語バージョンと日本語バージョン以外は、
はっきり言って興味なし!
しかも、輸入盤は日本語バージョンが入ってないみたいですよ。

かろうじて、ワタシは日本盤を聴いたので、
変な日本語をニヤニヤして聴けましたが、
輸入盤だったら、全くつまらん内容ですね。

コンセプトとしては面白いけど、
お金出して買う必要はありません。
肝心な曲のアレンジもイマイチですし。

ちなみに日本語バージョンのサビは、
「血こそすべて!、血はすべて!」です(笑)



採点:★★★
総評:何故か、ワタシにはとてもしっくりくるアルバム。


餅食べて、寝て、また餅食べて、ダメ人間になっています。
ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
The Strokesの3rdアルバム、
『First Impressions of Earth』(2006年リリース)です。

この作品はプロデューサーにデヴィッド・カーン、
ミックスはアンディ・ウォレスが担当しています。

デヴィッド・カーンて人は、今まで存じませんでしたが、
過去にポール・マッカトニー、バングルス、サブライム、シュガー・レイ等を
プロデュースしたことがある人らしいです。
要するに大御所ってことですね。

さて、早速聴いてみましたが、
1曲目のイントロが、いきなりQUEENの”I Want To Break Free”で、
2曲目はニルヴァーナの『Incesticide』か『Bleach』に入ってそうな曲、
3曲目は80'sのLAメタル的と、
冒頭の3曲で、今までのStrokesのイメージが見事に崩れました。

「あれ、何でこんなんなっちゃったんだろ」って感じです。

でも、バラエティ豊富だし、全体的に聴きやすくて、
ハオリン的にはなかなか好印象な内容です。
強いて言えば、もうちょっと曲数が少なくても良かったかな。

それにしても、実際のところStrokesの1stと、2ndって、
そこまで、大ヒットするような内容だったかなぁと、
ずっと疑問を持ち続けています。

やっぱり、新人がいきなりVelvet Undergroundみたいな、
玄人志向風の古臭いアルバム出して、
それが2000年代の代表作だなんて、なんとも変な感じなんです。

もし、この『First Impressions of Earth』がデビュー作で、
この後に『Is This It?』を出していたら、
超大ファンになったバンドなんですがね。

ま、このアルバムを聴いて、
Strokesにも、ちゃんとHR/HMのバックグラウンドがあるんだなって、
安心したというか、ちょっと見直しました。



ついでに衝撃的なQUEENの女装PVもご覧下さい。
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone