忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Pavement / Brighten the Corners
pavement.jpg

採点:★★★★☆
総評:オーマイガー、オーマイガー


久々に聴いてみたけど、やっぱり超傑作だ。
ペイブメントの中では、一番攻守(?)のバランスが取れてるアルバム。
2000年以降の「ガレージ・リバイバル」の中に違和感なく溶け込めそうな音だし、
再評価されてもおかしくないアルバムだと思う。

1曲目”Stereo”は変なテンションでのヘロヘロ絶叫で名曲。
2曲目の”Shady Lane”はセンチメンタルな気分になる、超・超・超名曲なの。
その後も独特の脱力しつつ、切なくなるフレーズのオンパレード。
アタイは、ジャケットの感じもあって、
夏の夕日を見ながら聴きたいアルバム、ナンバーワンだね。

よく「ペイブメントっぽい」という形容のバンドをみかけるけど、
そういうのに限って表面的な音をちょこっと真似ただけ。
そのたび、やっぱりこのバンドは唯一無二なんだなと認識させられる。

これを最近のUKインディー好きな若い子が聴いたらどう感じるんかなー。

解散後はどのメンバーの活動もパッとしないし、
再結成も時間の問題じゃないかな。

Pavement - Shady Lane
PR
Clap Your Hands Say Yeah / Some Loud Thunder
aaa.jpg

採点:★★★★☆
総評:デイヴ・フリッドマン起用で大正解だ!


期待していなかったんだけど、すーんごく良かった。
フレイミング・リップス、マーキュリー・レヴはもちろん、
モデスト・マウス、ヨ・ラ・テンゴ、
その辺を彷彿させてくれる、私の直球ど真ん中な一枚。

正直なところ、ファースト・アルバムは全然印象に残らなかった。
古臭い曲を、酔っ払いが歌ってるような記憶しかない。

そのヘロヘロな歌も、今回のアルバムでは、
上に挙げたようなバンドに聴こえるから不思議。

何曲目が良いとかじゃなくって、
全体を通しての完成度が異様に高い。
ここがファーストとは決定的に違う点。
珍しく最後まで、集中して聴いた一枚だった。

最後まで飽きずに聴けるアルバムは少ない。
これはもの凄い名作かもしれない。

Clap Your Hands Say Yeah - Satan Said Dance
[1] [2] [3]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone