忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第1位:Sigur Ros / Takk..

レビューはこちら




第2位:Nine Inch Nails / Downward Spiral

レビューはこちら




第3位:The Appleseed Cast / Low Level Owl, Vol. 1

レビューはこちら
PR
2004年に結婚して以来、家事と仕事と嫁姑問題に追われ、
三度の飯より大好きだった音楽を、
ほとんど聴かなくなってしまったワタシでした。

でも、このままじゃあいかんと一念発起して、
今年の4月から始めたブログ、
「名盤・迷盤 勝手にCDレビュー」は、
おかげさまで無事に12月まで続けることが出来ました。

今年一年を振り返る意味で、
2009年に聴いた数々のアルバムの中から、
ハオリン認定の名盤ベストアルバムを10枚紹介します。


Mercury Rev / Snowflake Midnight

まずは、Mercury Revの『Snowflake Midnight』です。
Mercury Revの十八番である、幻想的オーケストラ・サウンドを、
見事なエレクトロ・サウンドで表現しています。
それにジョナサン・ドナヒューの儚く甘い歌声が超マッチしています。
四方八方から広がるドリーミー・サウンドは、一聴の価値ありです!
<詳細レビューはこちら



Clap Your Hands Say Yeah / Some Loud Thunder

プロデューサーにデイヴ・フリッドマン起用したのが大正解。
ローファイなインディ精神を残しながらも、
デイヴ・フリッドマンのスケール3割増のサイケデリックな音質が、
アルバム全体をぐっと想像豊かな大作にしていると思います。
<詳細レビューはこちら



Fleet Foxes / Fleet Foxes

ダンスロックばかりで食傷気味のワタシの前に、突如現れた神聖フォークロック。
まるで教会で録音したかのような、
上に突き抜ける音響や、ゴスペルのようなコーラス・ワークは、
癒しを求めている現代人にぴったりです。
<詳細レビューはこちら



Flaming Lips / Embryonic

結成26年目にして、これぞ歴史的名盤。
実験的かつリスナーの器量を問うかのような、
難解なアルバムを作り出すなんて、やっぱりカッコイイ!!
<詳細レビューはこちら



Vampire Weekend / Vampire Weekend
Vampire Weekend
適当なユルさ加減が絶妙です。
今年はユルくてスカスカな感じの音楽を多く聴きましたが、
このアルバムがダントツに良かったです。
<詳細レビューはこちら



Sunny Day Real Estate / Rising Tide

今年再結成したSunny Day Real Estateが2000年にリリースしたアルバム。
エモって言葉がぴったりな、躍動感、高揚感、絶望感、幸福感、
すべての感情が詰め込んである傑作アルバムです。
<詳細レビューはこちら



Johnny Foreigner / Waited Up Til It Was Light

終始ハイテンションで、圧倒されました。
USオルタナやペイブメント、Pixiesの影響が見え隠れしているし、
最近のインディバンドでは、珍しくギターがギュンギュン歪んでいる点が、
アラサー、ハオリンのハートを鷲掴みです。
<詳細レビューはこちら



Built To Spill / Keep It Like A Secret

今年リリースされた『There Is No Enemy』もなかなかの名盤ですが、
この『Keep It Like Secret』は、インディーロック界における、
歴史的名盤と言っても過言じゃないでしょう。
1曲目”The Plan”、3曲目”Carry the zero”を超える、
ギターロックの名曲をいまだにワタシは知りません。
<詳細レビューはこちら



Pavement / Brighten the Corners

ストロークス以降のガレージ・リバイバル系のバンドって、
すべてPAVEMENTの影響を受けているような気がしてなりません。
2曲目の”Shady Lane”のサビ、「オーマイガー、オーマイガー」は、
12年経った今でも、時々ワタシの頭の中を巡ります。
<詳細レビューはこちら




David Bowie / Hunky Dory


最後は今年のワタシの目標であった、
「ボウイのアルバムを最初から全部聴く!」から一枚。
結局、『Diamond Dogs』まで、6枚しか聴けなかったんですが、
その中で、一番ワタシにしっくりきたアルバムがこれです。
前半のCMに使われている曲のオンパレードも良いのですが、
後半の聴き応えがさらに良かったりします。
<詳細レビューはこちら



以上が、ハオリン認定の2009年ベスト・ロックアルバムです。
2010年も一層テンションを上げて、たくさんロックを聴きます!!
第1位:Joan Of Arc / The Gap

レビューはこちら



第2位:Fleet Foxes / Fleet Foxes

レビューはこちら



第3位:The Wombats / Guide To Love, Loss And Desperation

レビューはこちら
[1] [2] [3] [4]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone