忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★★☆
総評:絶妙なバランスが織り成す、官能的アンサンブル


『探偵!ナイトスクープ』は、いやらしい番組だと思っていました。
長原探偵が好みのハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
1977年にリリースされたTelevisionのファーストアルバム、
『Marquee Moon』です。

ちなみに今ワタシの手元にあるものは、
2003年に再発されたリマスター音源で、
ボーナストラック5曲が追加されたものです。

初めてTelevisionを聴いたのは、
1998年に発売されたベスト盤だったんですが、
その時は全然良さが理解出来ませんでした。

ヴェルヴェット・アンダーグランドを祖とする、
NYのアンダーグラウンド・シーンを正統に受け継いだ伝説的パンクバンドってことで、
てっきりSonic Youthみたいなノイジーなものを想像していました。

ところが、肝心のギターはペナペナしているし、
それに加えてボーカルが超ヘロヘロと、
大きく期待を裏切られたもんで、
2、3曲聴いて、ずっとCD棚に入ったままになっていました。

そんな感じで、あまりいい印象のないバンドだったんですが、
Vampire WeekendやClap Your Hands Say Yeahを聴いていたら、
妙に気になってきたもので、
今回このアルバムに絞ってじっくり聴いてみようと思った次第です。

何を今更って感じでしょうが、このアルバムは超名盤ですね。

きっちり左右に分かれた2本のギターの絡み合いは何とも官能的で、
ハイハットが特徴的なドラムに、メロディアスなベースが重なって、
もはや完璧としか言えない様な演奏です。

また、それらが決してゴチャゴチャせずに、
スカスカな音でまとめられているのが妙に心地よいです。
曲の構成がシンプルなのも洗練された感じがして見事です。

ボーカルはClap Your Hands Say Yeahを彷彿させる、
ヘロヘロスタイルで、一度好きになったら、
病みつきになる魅力を感じます。

2000年代の原点回帰したロックを経由して、
要約真価の解るようになったアルバムです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
このアルバム名盤ですよね~。
たしかにボーカルはCYHSYを彷彿させるものがありますね。
テレヴィジョンは精神的にはドアーズ(ジム・モリソン)の後継でもあるんですよ!
william URL 2010/06/17_Thu_:35:56 編集
Re:無題
williamさん
お久しぶりです!コメントありがとうございました。

ワタシの場合、このアルバムは、
2000年代のガレージリバイバルを経由して、
初めて良さを理解出来た一枚です。


なるほど、ドアーズの後継的なバンドと考えると納得出来ますね。
(実際、ドアーズは殆ど聴いたことがありませんが…)

もちろん一口に後継と言っても、表現的な面だけでなく、
歌詞や思想と言った、精神的な部分もあるわけですよね。

英語が解らず、歌詞の和訳も滅多に見ないもんで、
これからは、そういう点も配慮したいですね。
2010/06/18__18:33
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone