忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Strokes / Is This It
isthisit.jpg

採点:★★★★
評価:超洗練されたシンプルさ

最近、洋楽雑誌なんかを立ち読みすると、
「ストロークス以降の、…」って紹介されるバンドがやたら多い。
そんな文章を見つける度、
「ストロークスってそんなに衝撃的だったかー?」と首を傾げてしまう。

このアルバムは2001年発売で、既に何回か聴いてみたんだけど、
周りが騒ぐ程のインパクトは感じなかったなぁ。
むしろ、古くて、ダサくて、演奏もつまらないと感じたくらい。
きっとビジュアル先行のアイドル・バンドなんだと思ってた。

そんな印象があったもんで、
いわゆる「ガレージ・リバイバル」ってものは、
ほとんど手を出さずにいた。

でもさ、このアルバムをちゃんと聴いて、ちゃんと感想を持たないと、
これからの新人バンドのアルバムを楽しめない気がしてさ。
今日は久々に集中して聴いてみた。

うーん。…一言でいうならば、「超洗練されたシンプルさ」。
これはこれでかっこいいのは認める。

だけど、21世紀の幕開けを飾るアルバムかどうかは疑問だな…。

…これは、あくまでアタイの個人的な見解なんだけど、
飽和状態な20世紀ロックを一旦リセットするために、
こういうシンプルなガレージ・ロックが必要だったんじゃないかな。

リスナーも、マスコミも、そろって、
「21世紀だし、とりあえずわかりやすく一からはじめようか。」って感じ。
それがこのアルバム。

もうレディオヘッドを超えられるバンドなんて絶対出ないから、
逆にガレージ・ロックでも聴いてみようぜーってノリで。

もうちょっとこのアルバムの紹介をしたいところだけど、
HMVで商品ユーザレビュー見たら170件も書込みがあったので、
レビューはそちらを参考にされると良いと思います。

もはや何も語る必要の無いアルバムなんだ。
人生一からやり直したい気分の時に聴きましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[33] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone