忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★
総評:GOLLBETTYって誰じゃい??


本日紹介するアルバムは、
2008年発売、サブウェイズのセカンドアルバム、
『All or nothing』です。

このアルバムをiTunesに入れようとすると、
GOLLBETTYってアーティスト名で、
『Crystal / 99%』がアルバムタイトルがになってますけど・・・。
これはワタシだけでしょうか??

さてさて、そんなことはさておき、早速聴いてみましたが、
このアルバムにはちょっとがっかりです。

シャーロットの声がなければ、
本当にGOLLBETTYって謎のバンドのアルバムと勘違いするほどでした。

大体、ストレートな3ピース・ロックバンドに、この音質はいただけません。
曲によっては、もはやモダン・ヘビネスの一歩手前です。

まさに前作の『Young For Eternity』のワタシのレビューを、
ものの見事に裏切ってくれるアルバムになっていました(笑)。

でも、曲の完成度や演奏技術は、
前作よりも格段に上がっています。
これで、入ってるギターの数がもっと少なくて、
ローファイな音質だったら、
間違いなく好評価だったのに。。

真っ先にセールスを意識したかのアルバムみたいで残念です。

ま、2,3回聴けば、耳が慣れてきて、
結構いいアルバムなんじゃないかと思い直すんでしょうけどね。

関連レビュー:Subways / Young For Eternity


The Subways - I Wont Let You Down (YouTube)


PR

採点:★★
総評:再結成のリハビリですか?


本日ご紹介させていただくアルバムは、
再結成したExtremeの13年振りの新作『Saudades de Rock』です。

1曲目はQUEENの”Tie Your Mother Down”みたいな感じですね。

うーん。一通り聴いてみましたが、
どうもしっくりこないんです。
Extreme独特のストイックな感じが全然しない。

かつて物凄い完成度のアルバムを作ってきたExtremeが、
再結成までして作りたかったアルバムはこれなのか?
それともリハビリ的に作った曲を収録しただけなのか?

リアルタイムでExtremeの全アルバムを聴いていた私にとっては、
ちょっと残念な印象を受けました。

ちなみにワタシの一番好きなアルバムは、
無駄を一切省いたストイックの極み、
4th『Waiting for the Punchline』です。







採点:★★
総評:3回聴いたら飽きる。


Myspace上に曲を公開するや、延べ100万人もがアクセスしたという、
UK出身のシンガー、リリー・アレン。

ひと通り聴いてみた感想だけど、
ダブ、レゲエ、スカって感じの曲がほとんどですね。
1曲目の”Smile”を聴いた時は「おおっ!?意外にいい曲!?」
って感じで、かなり期待したんだけれども、
その後は心を揺さぶられる曲はなかったです…。

比べる対象が間違っているかもしれないけど、
”ゆる~い、No Doubt”って印象でした。

決して曲が悪いわけじゃなくって、
むしろ普段ロックしか聴かないワタシにとっては、
こういう曲調は逆に新鮮に感じた位です。
でも、何度も聴きたくなるアルバムじゃないですね。
ま、No Doubtも同様なんだけど。

歌詞が過激だとかいうレビューを見かけますが、
ワタシは英語がまったくわからんので、
その辺は未評価です。

Lily Allen - Smile



[1] [2] [3] [4] [5]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone