忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★
総評:バンド・サウンドを脱して、歌モノへシフト。


今日紹介するアルバムは、
「ボウイを一から聴き直そう」企画の5回目、
David Bowieの『Diamond Dogs』です。

まず、ジャケットの見た目からすると、
この辺がグラム絶頂期なんだと思っちゃうでしょう。
(ワタシはそう思っていました。)
だけど、このアルバムは、脱グラムスター的な歌モノのアルバムです。

ですから、ジャケットは妖怪みたいですが、中身は貴公子ボウイ様って感じっすよ。

今までのアルバムが、バンドサウンドの中心にボウイの存在があったのに対して、
これは完全にボウイが歌う為のバックバンドに徹しています。

変革期の渦中だったためか、
手探りのまま、色々なタイプの曲を詰め込んだような印象です。
ボウイの声も渋い低音と、初期の裏返り気味な高音が混在しています。

アルバム全体の出来としては、イマイチな気がしますが、
1曲、1曲を切り離して考えれば、結構いい曲が入っていると思います。

特に”Rebel Rebel”とかいいですよ。
ストーンズみたいで。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[213] [212] [211] [210] [209] [204] [208] [203] [202] [207] [206]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone