忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★★★
総評:聴かずにはいられないッ!中毒性たっぷりの奇跡的アルバム!

物凄いペースで新作を出しまくってるJoan of arc。
その絶頂期は間違いなくこの3rdアルバムでしょう。
ちなみ「Live In Chicago 1999」ってタイトルですが、
ライブ・アルバムではありません。

展覧会で絵画を鑑賞したような芸術的コンセプト・アルバムです。
まさにジャケットの写真通りです。
これを頭の中で構想して、意図的に作り上げたのなら、
ティム・キンセラは間違いなく天才だと思います。

アンビエントな音響+アコギ・アルペジオが主体で、
しっとりした曲の中にティムの透き通る声。
ひたすら美しいようで、時に絶叫と囁きを同時に歌ってみせたり、
遊びや脱力をさりげなく入れてみたり。

それでいて100回聴いても、まだ何か理解出来ないような、
不思議な気分にさせられてしまうんです。
結果、「明日もう一回聴いてみよう」ってなっちゃう。

そんな絶妙な印象のまま、購入してから10年がたちました…。
だけど、決して古さや懐かしさを感じることなく、
聴くたびに新たな発見があって感動させられます。

それから、スピーカーとヘッドフォンで聴き比べてみると印象が全然違うんです。
これも名盤の重要なポイント。
是非100回聴いてください!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [1] [2] [3]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone