忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kyte.jpg
採点:★★★☆
総評:痒いところに手の届く安心感


真昼にクーラーの効いた部屋でヘッドフォン。
これが最高の聴き方。

このアルバムはツタヤのおすすめレンタルCDのコーナーにあったやつ。
日頃、「ツタヤおすすめのCDにはろくなのがねぇ!!」と、
このブログで声を大にしてきましたが、今回はちょっとやられたな。

ツタヤさん、いいアルバムをおすすめしてくれてありがとう。

…って、素直に感謝できるような気分にさせてくれるアルバムよ。これ。

さて、ポスト・シガーロス、レディオヘッドとして、
既に英国プレスから大絶賛されたというこのKyte。

パッと聴いた感じは確かにシガーロスっぽいです。
歌声はMEWっぽいかな?
それと、肝心なことだけど、聴きやすいアルバムです。

こういうシューゲイザー、ポストロックを経由したバンドって、
イントロが異様に長かったり、
ある種の自己満足的な高揚感が鼻についたりして、
聴くのが面倒になるんだけど、
これはそういう面を全く感じないです。

根底はポストロック、ミニマル・エレクトロニカにあるけど、
その中の癒しのツボだけを押さえた楽曲という感じ。
ミニマル・エレクトロニカの要素も、
曲の奥にひっそり隠れてしまう程度です。

日本版ボーナス・トラックの”Boundaries”は、
映画『余命一か月の花嫁』の挿入歌だそうですよ。

現段階では【★★★☆:準名盤】だけど、
もう2、3回聴いたら、超名盤になりそうだよ。

kyte "Eyes lose their fire"
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[129] [128] [127] [1] [2] [3] [4] [6] [8] [9] [10]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone