忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Joan of arc / Eventually, All At Once
joanofarc_even.jpg

採点:★★★☆
総評:make believeの反動


「シカゴ・インディ・シーン」=ティム・キンセラ
最近そんな感じになってるね。

しっかし、Tim Kinsellaの関連バンドって
凄まじいリリース・ペースだよね。
次から次へと新作だ出てきちゃって、
聴くのが追いつかないくらいだよね。

さて、2006年発売のこのアルバム、
同時進行の絶叫バンド、make believeの反動なのか、
非常に聴きやすい歌モノに仕上がっている。

弾き語りの比率が高いし、
ティムのソロ・アルバム寄りって感じだな。

M6の"Many Times I've Mistaken"なんて、
Joan of arc史上で、最もメロディアスな曲なんじゃないか。
でも全体を覆う空気は、紛れもなくJoan of arc。

Joan of arcって、ちょっと難解なバンドだと思う。
どのアルバムも、ものすごく緻密に作られてるようで、
超テキトーにやっているような気もする。

だけど一度好きになると、他の音楽を聴けなくなる。
まさに中毒性のある音楽。

このアルバムが傑作になり得るかと言えば、
そんな気もするが、そうじゃない気もする。

joanofarc5_1.jpg
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[49] [50] [51] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone