忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★
総評:何やらアグレッシブなガレージ・スカコア


高校生時代、登下校の間はずっとマリリン・マンソンを聴いていました。
ハオリンです♪

今日は仕事で柏崎に行ってきました。
その移動中の車内で聴いたいたのが、
本日紹介する、Thirstの『On the Brink』です。

このThirstってバンドは、イギリスはブリクストン出身の4人組で、
ガレージ・ロックにエスニックな要素を盛り込んだ独特なサウンドが特徴。
これはファーストアルバムで、ロン・ウッドをも虜にした作品だそうです。

さて、これはなかなかのアルバムです。

基本的なリズムはスカコアなんですが、
何ともドライでアグレッシブに味付けされています。

スカコアっつうと、メロコアの延長線ってイメージがあったのですが、
それを見事に拭い去ってくれる、ガレージロック発展型のスカコアです。
これはなかなか斬新かもしれないです。

それにしても、このバンドのリズム感はハンパないです。
少々雑な演奏も、強靭なリズムでカバーしてます。
曲によってはAt the Drive-inみたいです。

アルバム全体を通して聴くと、スカコア云々では納まりきらない、
ドライで攻撃的なガレージ・リバイバル系のバンドという印象を持ちました。
聴こえてくる音質は、確実に2000年代に代表されるような感じです。

こんな風に自分たちオリジナリティと、
時代の流行が合致しているバンドは珍しいかもしれません。

それから、バラードが1曲入ってますが、
それがソウルフルで物凄くいいんです。

THE THIRST - MY EVERYTHING MUSIC VIDEO






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[208] [203] [202] [207] [206] [195] [205] [194] [193] [192] [198]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone