忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★
総評:どんなに内容が良くっても、迷盤は迷盤。


豆を撒いた後の床掃除の虚しさったらないです。
数日間はいろんな所から豆が出現するし。。
節分ブルーのハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
ポストグランジの代表格、
Bushのセカンドアルバム、
『Razorblade Suitcase』(1996年)です。

このBush、日本ではイマイチ認知度が低めだと思うんですが、
ファーストアルバム『SIXTEEN STONE』は、
全米だけで600万枚以上を売り切った大ベストセラーです。

意外かも知れませんが、
OasisやRadioheadより先に米国市場を制覇したUKバンドこそ、
このBushなんです。

そして、本日紹介するセカンド・アルバムも全米初登場1位を記録しています。

何故こんなに大ヒットしたかって、
一番の理由はやはり、
NIRVANAに似てるからでしょう。

ワタシ、ファーストの『SIXTEEN STONE』は100回以上聴きました。
”Machinehead”のイントロが弾きたくて、ギターの練習もしました。

いくらNIRVANAに似ているからとは言っても、
曲の構成がしっかりしているところはUKっぽいし、
メンバーにギタリストが二人いるので、
ギターの絡み具合も、NIRVANAとは全然違います。

ですから、「これはNIRVANAと別の方向性を持ったバンドだ」と、
自分を納得させながら聴きまくりました。

さてさて、このセカンドアルバム『Razorblade Suitcase』ですが、
はっきり言って「あちゃー、やっちゃったなー」って感じです。

止めときゃいいのに、
プロデューサーにスティーブ・アルビニを起用。
これじゃファースト以上に、NIRVANA臭がプンプン。

ファーストが『Nevermind』なら、
このセカンドは、まさに『In Utero』。
さすがにこの流れには、当時17歳のワタシも呆れてしまいました。

今回、久々に聴いてみたら、
内容はそんなに悪くないなって思いましたが、
やっぱり、当時のインパクトは凄かったので、
これは迷盤ですね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone