忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★☆
総評:轟音ポストロックはもう飽き飽き。


プリングルスの容器を捨てる時、毎回切り離しにイライラさせられます。
ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
ペンシルヴァニア出身の5人組ポスト・ロック・バンド、
Saxon Shore4枚目のアルバム、
2005年発表の『It Doesn't Matter』です。

このブログでも度々名前が出てくる、
デイヴ・フリッドマンがプロデューサーみたいです。

さてさて、早速聴いてみましたが、王道ポストロックの一言です。
多少エモロック的な要素も感じるかな。

この手の、静と動を使い分けたポストロック・バンドは、
ハオリン的に出尽くした感があります。

このアルバムの大体の曲の流れは、
序盤はピアノとディレイのかかったギターでしっとり引っ張って、
徐々に盛り上がってきたら、狂暴な轟音ギターでドカーン!
そして収拾がつかなくなったらフェード・アウトという具合です。

そんな展開が来る度、「はいはい、またお決まりのパターンですか~。」と、
冷淡で上から目線な態度になってしまいました。

それから若い頃に比べて、集中力が無くなってきたのか、
どうにもこうにも、早送りしたい衝動に駆られてしまうアルバムでした。

最後の曲の後半なんかは延々とノイズだけになって、
「頼むから早く終わってくれ~」って感じでした(苦笑)

最後にフォローって訳じゃないのですが、
数ある轟音ポストロックの中では、
曲の展開も判りやすくて、聴きやすいアルバムだと思います。

ですから、普段こういう音楽を聴かない方には、
お薦めしやすいアルバムになのかも知れません。

あ、4曲目だけ女性ボーカルが入ってますが、
大してマッチしているとも思えないのでスルーいたします。

PR

採点:★☆
総評:ワタシには無縁の優雅な大人のひととき。


毎日かかさず、いとうあさこのブログをチェックしています。
ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
スウェーデンのデュオ、Smooth Reunionが2008年に発表した、
『Cleaning Up The Business』です。

”スウェーデン発のヤング・ポップ・デュオ”

こんな触込みが目に止まって、レンタルしてみたんですが、
1曲目のジャズっぽいギターフレーズ聴いただけで、
「あ、これはダメだ…。」の瞬殺でした。

コード進行が難しくて、面倒臭い感じになってるし、
何よりアダルトな雰囲気がワタシとは無縁な世界を感じさせます。
てっきりポップ職人系のアーティストだと思ってたんですが。。

でも、声は透き通っていて、とっても爽やかですよ。

冨田ラボだったっけ?
普段そういうおしゃれなJ-POPを聴いている人のほうが楽しめそうです。

普段ロックしか聴かないワタシからは、
このアルバムは上手くお薦めできないけど、
オシャレで優雅なひと時が過ごしたい方はどうぞ~。

せっかくこの記事ご覧いただいたので、
せめてHMVのアルバム紹介文を引用いたしますね。

”スティーリー・ダンに強い影響を受けたスウェーデンの新世代デュオ。
一聴したところ米国西海岸発の清涼感のあるポップ・ロックを連想するが、
どこか硬質なクリスタルを思わせる質感があって、そこが新鮮。
スティーリー・ダン風の絶妙なコーラスも微笑ましい。”
(Y)(CDジャーナル データベースより)

…だそうです。

Smooth Reunion - The Connection


採点:★☆
総評:紛れも無くスキッド・ロウではあるのだが…


本日紹介するアルバムは、
Skid Rowの『Revolution Per Minute』です。

このバンドはボン・ジョヴィのバックアップで、
1989年にデビューした5人組です。

3枚のオリジナル・アルバムを出した後、
1998年に一度解散。

2000年にボーカルとドラムが代わった新メンバーで再結成しています。

このアルバムは再結成後の2枚目のアルバムになります。

最後にスキッド・ロウを聴いたのはいつだったかなぁ?
確か高校生だったはず。

王道ハードロックな1stも2ndも好きだったけど、
重く暗い3rdの『Subhuman Race』はかなりの傑作だったと思います。

さて、実に15年振りにスキッド・ロウと再会したわけですが、
このアルバムは「あれ?本当にSkid Rowなの?」って位、
パンク色が強く、ハードロックっつうよりギターロック。
途中にカントリーなんかもあります。
でも、メロディの感じは確かに今までのスキッド・ロウです。

それから、最も肝心な事ですが、
初代ボーカルのセバスチャン・バックが偉大過ぎて、
物凄くスケール・ダウンしたような印象を受けます。

もはや、別のバンドになったとしか言い様がありません。

↑2006年時点でのメンバーです。
右側の二人には見覚えがありますが・・・。
一番左が鼻ピアスしてたベースの人かな?


 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone