忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★☆
総評:何故、ポストロックに歌を乗せるととイマイチになるのか?


柿の種4つにピーナッツ一粒の割合で食べるのが最高です。
全然大掃除をする気が起こらない、ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
おなじみのツタヤ長岡川崎店でレンタルした、
Japanese Sundayの『Taps Taps Lights Out』(2008年リリース)です。

音はポストロックとカオテッィクエモの中間に位置するような感じです。

ただ、ボーカルがちょっとイマイチって感じました。
カオティックエモと呼ぶには、若干もの足りなさが残りますし、
逆に歌入りポストロックにしては、少々雑な印象を受けます。

演奏やアレンジも、まだまだ成長過程という感じです。
ディレイ一本槍のギターフレーズで、すぐに飽きてきます。
(なんか偉そうなこと言って申し訳ありません。)

ただ、インディロック魂は強く感じ取れますので、
これからもっと成長していって欲しいと思います。

PR

採点:★☆
総評:ヒットを狙う気満々の、メジャー・サウンド。


本屋で平積みの雑誌を買うときは、上から2番目を取ります。
小さいことを気にするハオリンです。

本日紹介するアルバムは、
カナダはオンタリオ出身、
ヴァイオリニストを擁する4ピースのポップ・ロック・グループ、
Article Oneの日本デビュー作『Colors and Sounds』(2006年リリース)です。

カナダのバンドで、メンバーにバイオリンっていうと、
Arcade Fireを連想してしまいますが、
これは、ダンス・エモって感じですね。

声も綺麗だし、メロディも物凄くわかり易い。
バイオリンもさり気なく曲に溶け込んでるし、
演奏やフレーズも、そこまで悪い感じはしません。

でも、この超メジャーな音質はいただけません。
一曲目のイントロから、こりゃ失敗したなぁって感じ。
「大ヒット狙ってます!」っていう雰囲気がどうも苦手です。

わかりやすいものを、浅く広くっていう、
アイドルみたいな売り出し方は、
逆にコアな音楽ファンの人の耳には届かないもんだと思います。

だからと言って、こういう「洋楽ロック入門」的なアルバムは、
いつの時代も必要なのかもしれません。


採点:★☆
総評:期待してなかったけど、それ以下だった。。


小学生のとき、遊びにきた友達から、
「ハオリンのおうちって、カリントウみたいな匂いがするね!」って言われました。
たまに実家に帰ると、やっぱりカリントウの匂いがします。
小さい事を気にするハオリンです♪

さて、今日聴いてみたアルバムは、
Sweeper Social Clubのデビューアルバムです。

「元レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロが、
ザ・コープのブーツ・ライリーらと結成した新バンドのデビュー作。
グルーヴ感のあるヘヴィ・ロックにヒップホップ・スタイルの歌が絡んだ、
ストリート色漂う作品に仕上がっている。」だそうです。

申し訳ないのですが、ギターがトム・モレロって事以外、
何の魅力も感じませんでした。

逆に言えば、トム・モレロってブランドが無ければ、
聴こうとさえ思わないアルバムです。

内容はRATMに近いような気がしましたが、
悲しいくらいにコンパクトにまとまっていて、
RATMみたいな圧倒される攻撃感が全くなかったです。
曲によっては、オレンジレンジ(?)みたいな印象を受けました。

それから、普段ヘビーロックなんて聴かないもんで、
そう感じたのかもしれませんが、
Rage Against The MachineやAudioslaveと違って、
”あくまでサイド・プロジェクト”って雰囲気がプンプンしている気がします。

ま、それは別として、トリッキーなギターが十分楽しめますし、
単純にトム・モレロのギターが好きっていう方には、
とてもいいアルバムだと思います。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone