忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★
総評:”兄がトム・ヨーク”は幸か不幸か。


フレッシュ・プリキュア、今日で最終回ですかぁ。
ちょっと寂しいハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
偉大なる兄をもってしまった、
Andy Yorkeの『Simple』(2008年リリース)です。

敢えて紹介させていただきますが、
このアンディ・ヨークって人は、
2000年に解散したUnbelievable Truthのフロントマンで、
レディオヘッドのトム・ヨークの実弟です。

2005年頃からソロで活動していましたが、
作品としてリリースするのはこれが初です。

さて、”兄がトム・ヨーク”って先入観を極力捨てて聴いてみるのが、
このアルバムをレビューするひとつのポイントだったんですが、
そんな事を全然気にせずとも、十分に魅力的な内容でした。

アコースティック主体の正統派な歌モノで、
時折入ってくるチェロやオルガンがいい味出してます。
メランコリックな曲は、初期レディオヘッド風聴こえますが、
ワタシは断然こっちのほうが好きだな。

歌声もそりゃあ、トムと少し似ていますが、
どちらかと言えば、ア・パーフェクト・サークル時の、
メイナード・キーナンの方が近いという印象。
エモーショナルでありながら、どこかヒンヤリ冷たいっていう感じです。

結局、終始トム・ヨークの影を意識しながら聴いてしまいましたが、
そんなことを意識せずとも、
耳に残る素晴らしい哀愁歌が盛りだくさんです。

確実に言える事は、神経質な兄上のソロより、
こっちの方が絶対、絶対オススメ!


PR

採点:★★★
総評:何故か、ワタシにはとてもしっくりくるアルバム。


餅食べて、寝て、また餅食べて、ダメ人間になっています。
ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
The Strokesの3rdアルバム、
『First Impressions of Earth』(2006年リリース)です。

この作品はプロデューサーにデヴィッド・カーン、
ミックスはアンディ・ウォレスが担当しています。

デヴィッド・カーンて人は、今まで存じませんでしたが、
過去にポール・マッカトニー、バングルス、サブライム、シュガー・レイ等を
プロデュースしたことがある人らしいです。
要するに大御所ってことですね。

さて、早速聴いてみましたが、
1曲目のイントロが、いきなりQUEENの”I Want To Break Free”で、
2曲目はニルヴァーナの『Incesticide』か『Bleach』に入ってそうな曲、
3曲目は80'sのLAメタル的と、
冒頭の3曲で、今までのStrokesのイメージが見事に崩れました。

「あれ、何でこんなんなっちゃったんだろ」って感じです。

でも、バラエティ豊富だし、全体的に聴きやすくて、
ハオリン的にはなかなか好印象な内容です。
強いて言えば、もうちょっと曲数が少なくても良かったかな。

それにしても、実際のところStrokesの1stと、2ndって、
そこまで、大ヒットするような内容だったかなぁと、
ずっと疑問を持ち続けています。

やっぱり、新人がいきなりVelvet Undergroundみたいな、
玄人志向風の古臭いアルバム出して、
それが2000年代の代表作だなんて、なんとも変な感じなんです。

もし、この『First Impressions of Earth』がデビュー作で、
この後に『Is This It?』を出していたら、
超大ファンになったバンドなんですがね。

ま、このアルバムを聴いて、
Strokesにも、ちゃんとHR/HMのバックグラウンドがあるんだなって、
安心したというか、ちょっと見直しました。



ついでに衝撃的なQUEENの女装PVもご覧下さい。

採点:★★★
総評:結局のところ特筆するのは、最強のギターノイズ。


とりあえず、メリークリスマス。
ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
シューゲイザーのバイブルともいうべきアルバム、
My Bloody Valentineの『Loveless』(1991年リリース)です。

ワタシがこのアルバムと出会ったのは、
90年代後半にポストロックを経由した後だったので、
リリースされてから、7、8年の時間が経っていました。

ですから、初めて聴いたときの印象は、
Garbageを極端にしたようなバンドというものでした。
それに、ドラムの音が打ち込みっぽくて、
嫌だなぁという感じが強く残っています。

今となっては、このホワイトノイズの大洪水に、
打ち込み風のドラムは必然だったのだと認識していますが、
当時はそれが敬遠してしまう最大のポイントでした。

さて、クリスマスの今日、
こんなロマンチックな日にぴったりなんじゃないかと思い、
10数年振りに聴き返してみましてみましたが、
ひとつ大きな問題が。

ワタシ、今、二日酔いで超気持ち悪いのです・・・。

こんな時には最悪のアルバムです、これ。
車酔いしてるみたいで、物凄く吐き気を催してしまいます。

もっと神経が研ぎ澄まされていて、
頭の中を空っぽにして、再度リベンジしたいと思います。

今日の教訓は、
「二日酔いの時に、マイブラは絶対聴いちゃダメっ!」


↑げ、ライブ、超かっこええ~!でも気持ちわりぃ~、おえっぷ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone