忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★☆
総評:高速道路をどこまでも~


本日ご紹介のアルバムは、
Fieldってアーティスト名の『Yesterday & Today』ってアルバムです。
ツタヤ川崎店のおすすめポストロック・コーナーにあったやつです。
どうやらスウェーデンの方らしいですね。
ジャンル分けするとシューゲイズ・テクノなんですって。
へぇ~。

普段は保守ロックしか聴かないもので、
テクノなんて丸っきり理解できないのですが、
高速道路で車の運転しながら聴いてみたら、
だんだんと、一人でノリノリになってくるアルバムでした。

ETCつけたし、高速料金1000円だし、
一人で行けるとこまで行くべー!って方におすすめです。

それにしても、ジャケットの画像が背景の色と似てて、
見づらいですね(苦笑)






PR

採点:★★☆
総評:中の中

大好きなテレビ番組は"痛快!ビッグダディ"です。
ハオリンです。

本日ご紹介のアルバムはBlackmarketの『The Elephant In The Room』です。
GREEN DAYのビリーが経営するADELINE RECORDSからリリースされた
アリゾナ出身の4人組によるデビュー・アルバムです。

うーん。非常にレビューに困るアルバム。
本当に中の中って感じなんです。

スタイルはエモ寄りのギターロック。
演奏力やアレンジも中の中。

決して悪いアルバムではないのだけれど、
飛びぬけた特徴を感じるアルバムでもない。

地味って言葉で片付けられるほど地味じゃないけど、
かといって、特別カリスマ的な歌や演奏をするメンバーがいるわけでもない。

ってことで、今後の期待度も中の中。

Blackmarket "Sheila"






採点:★★☆
総評:何かをしながら聴くには、良いアルバム


トキめき新潟国体のイメージソング"ガムシャラな風になれ"が頭から離れません。
ハオリンです。

本日ご紹介させていただくアルバムは、
Animal Liberation Orchestra(通称:ALO)の 『Roses & Clover』です。

米国サンフランシスコを拠点に活動するグループ。
メンバーはザック・ジル(key、vo)を中心に4人。
1998年に1stアルバム『ALO VS. LAG』を発表。
サイケやファンクを取り入れつつも、
アコースティックな感覚を重視したグルーヴ・ミュージックを展開し注目を集める。
2004年にジャック・ジョンソンの全米ツアーに同行し、一躍知名度を高めた。
2005年にアルバム『フライ・ビトウィーン・フォールズ』で日本デビュー。
米西海岸のサーフ系ミュージックのエッセンスを、
現代的な解釈で聴かせるスタイルが魅力。

ふむふむ。
相変わらずファンキーなジャムバンドです。
先日聴いた『Fly Between Falls』よりは、
独り善がり感は感じませんでした。
でも「聴かせる」スタイルというよりは、
自分たちが演奏を楽しんで、周囲を「巻き込む」スタイルのようです。

何かをしながら聴く分には申し分ありませんが、
集中して耳を傾けると、演奏の妙にこ慣れた感じに、
緊迫感を感じないっつうか、エネルギーが篭ってないっつうか、
そんな印象が残ります。

良くも悪くもベテラン・ジャムバンドって感じのアルバムでした。

"Roses and Clover" by ALO


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone