忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Libertines / The Libertines
libertines.jpg


採点:★★☆
総評:細かいことは気にすんな


ガレージロック・リバイバルの代表格、
リバティーンズの2004年発表のセカンドアルバム。

散々語りつくされたようなアルバムを、
「何を今さら」って思うでしょ。
でも、アタイは初リバティーンズなの。

何でファーストじゃなくて、このアルバムを選んだかって?
ファーストが借りられてたから、こっちにしたの。

つまりこれ、ツ○ヤでレンタルしたのよ。
しかも5枚1000円のキャンペーンで。
じゃなきゃ、借りてないわ。
だってアタイ、相当ケチなの。

これはプロデューサーがClashのミック・ジョーンズなんだって。
なんか期待が持てそうよ。

さてさて、聴いてみた印象だけど、
さすがガレージロックの代表と言われるだけのことはあるね。
他の似たような括りのバンドより、突出した個性を感じるわ。

飾り気のない、痛々しい音ね。
演奏も非常に危なっかしい。
音がスカスカなあたりは初期パンクを感じさせてくれるわ。
しかも、この初期パンクの衝動がうまく現代っぽい音質でCDに収まってる。

これは、非常にいいアルバムだって認めるわ。
今まで聴かなかったことを後悔するくらい、アタイの超好みのラフな音です。
目の前で演奏している感じが伝わってくるようだわ。

ま、最後に肝心なところを言えば、
曲があんまり好みじゃないかな。

もし、スーパーチャンクがこの音でアルバム作ったら、
アタイお墓までそのアルバム持って行くわ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone