忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★☆
総評:制作費14億円で時代遅れの音。


先輩、どう見ても40代なのに、
「いくつに見える?」と訊くのはやめて下さい。
もう小ネタがないハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
Guns N'Roses、17年振りとなるオリジナルアルバム、
『Chinese Democracy』です。

はじめに申しておきますが、
単純に一枚のアルバムとして聴けば、
決して悪くないアルバムです。

アンチ・ガンズだったワタシでさえ、
「ああ、本物のアクセルの声だ…。」って、
ちょっと感動すら覚えたくらいです。

ただ、Guns N'Rosesというブランドを背負っていること、
オリジナルメンバーがアクセルしかいないこと、
制作費14億円、17年振りという期待が込められていたこと、
あとは単純に今の時代に必要とされているかどうかを考えると、
残念ながら、期待ハズレと言わざるを得ません。

これがせめてもう10年早く、
しかもアクセルのソロ・アルバムとしてリリースされたのならば、
何の違和感もない良盤だったと思います。

現段階でのワタシの感想としては、
ガンズらしからぬ、ハードロックのルールに則ったような、
優等生とも言えるアルバムといったところです。

それから、昔の曲の焼増し的なフレーズが聴こえてくることと、
バラードの比率が高いのが、ちょっと気になります。

あと、前半の曲はあきらかにNINの影響を受けています。

ま、単純にアクセルの声ってやっぱり素敵だなぁと思う一枚でした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[248] [249] [247] [246] [241] [240] [245] [244] [243] [242] [226]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone