忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★
総評:癒しを求めて・・・。


ストリートビューで長岡が見れるようになりました。
ワタシが写っていないか確認中のハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
ブライアン・イーノが1977年に発表した、
『Before & After Science』です。

癒しを求めてブライアン・イーノとは、何とも安直な感じですね。
しかもアンビエントの作品じゃなくて、歌入りのアルバムを選ぶあたりが、
脱ロック出来ない保守的なワタシらしいです。

ま、このアルバムを聴こうと思った一番の理由は、
癒しの名曲、”By This River”が入っているからなんです。

さて、一通り聴いてみましたが、
前半はTalking Headsみたいですね。
中盤に進むにつれて、激しさを増していくような感じです。

後半6曲目辺りからは、
アンビエント一歩手前みたいな、
しっとりとした感じに変化していきます。
そんで、8曲目が待ちに待った”By This River”です。
ラストを飾る10曲目も幻想的な音で素晴らしい。

レコードのA面、B面を意識して作られたアルバムであることは、
十分理解出来ますし、
わずか10曲の中でポップ~パンク~アンビエントへとシフトしていく流れは、
見事としか言い様がありません。

これは絶対、名盤です。

それにしても映画、『息子の部屋』はつまんなかったですね。
主題歌の”By This River”が良すぎて、
期待しすぎちゃったかなぁ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[232] [231] [229] [234] [230] [228] [224] [223] [222] [221] [220]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone