忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★
総評:ポスト、モデスト・マウス? スーパーチャンク?


メガネ店の店先で、メガネを洗っているサラリーマンを見ると、
なんだか切ない気持ちになってしまいます。
小さい事が気になるハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
米インディ・シーンの超新星、
One For The Teamのセカンド・アルバム、
『Build It Up』(2008年発売)です。

はじめに申し上げておきますが、USインディロック好きは必聴です!
特に、Modest MouseやSuperchunkが好きな人は絶対気に入るはずです。

このバンドを一言で説明すると、
男女の混声とキーボードがフィーチャーされたギター・ポップなのですが、
そのメロディや声が何とも、Modest Mouse、Superchunk的なんです。

大袈裟かも知れませんが、
ワタシはこういうアルバムに出会う為に、
春からいろんバンドのCDを聴きまくったのだと思います。

USグランジ/オルタナから派生していった、
90年代後半のUSインディ・ロックを引継ぐ要素を、
このバンドは十分に持ちあわせている気がします。

2000年代に入り、インディロックと言えばUKという時代になってきていますが、
まだまだ、USインディも捨てたモンじゃないなと感じさせてくれます。
だって、UKからはこういうアルバムを作れるバンドが出てこないんですから。

ま、音楽がネットで行き来する時代ですから、
UKが上だの、USが下だのと言うのは無意味なんですが、
ワタシの中ではやっぱり、ふたつの国の間に、
越えられないインディ・ロックの垣根があるのを、
このアルバムを聴いて感じました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[238] [237] [236] [233] [232] [231] [229] [234] [230] [228] [224]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone