忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★☆
総評:轟音の上に轟音が重なる、長編大作。


毎朝コンポのリモコンでテレビをつけようとしてしまいます。
学習能力のないハオリンです♪

本日も長岡市は大雪に見舞われており、
寒くて部屋から出る気力すらありません。

さて、本日紹介するアルバム(一応マキシシングル?)は、
轟音ポストロックの完全版、
モグワイの『My Father My King』(2001年発売)です。
プロデュースしたのは、ワタシの大好きなSteve Albiniです。

このアルバムはワタシが大学4年生の冬休みに買いました。
その時はまだ就職が決まっておらず、ピリピリしていた時期でした。

そんな時に、こんな恐ろしくダークなアルバムを、
部屋に篭もって大音量で聴いていたものですから、
母親が心配になったらしく、
「ハオリン、大丈夫なの!?」とすごい剣幕で、
部屋に入って来たのが忘れられません(笑)

余談はさて置き、この”My Father My King”という一曲で、
轟音ポストロックは終焉を迎えたと言っても過言じゃないと思います。
中盤で轟音MAXを迎えたかかと思いきや、
後半に向かってさらにまだまだ歪む、歪む!
よく、こんなノイズの壁をCDに収められたかと思う程です。
デイヴ・フリッドマンのプロデュースじゃ、こうはいかなかったでしょう。

このアルバムと、GODSPEED YOU! BLACK EMPERORの、
『Lift Your Skinny Fists Like Antennas to Heaven』の2枚で、
ワタシの中のポストロック・ブームは終わりました。

だってこんな傑作の後に、どんなポストロック・バンドのアルバムを聴いたって、
結局どれもイマイチに感じてしまうようになったんですから。

はっきり言って現状のポストロック・シーンは、「きりがない」の一言です。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[226] [239] [227] [238] [237] [236] [233] [232] [231] [229] [234]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone