忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★
総評:ブリットポップ全盛期のUKに突如現れた、骨太ロック・サウンド


月末、集金の時期になると取引先を回るんですが、
毎回、話が変に盛り上がってしまい、
帰るタイミングを何度も逃してしまいます。
お茶で膀胱がパンパンになってしまうハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
グラストンベリー出身のバンド、Reefの2ndアルバム、
『Replenish』(1995年リリース)です。
ちなみに2009年に再結成を発表しています。

90年代、ワタシは主にアメリカのバンドの音楽を聴いてきました。
単純にオルタナ/グランジに絶大な影響を受けてたってのもありますが、
他にもうひとつ理由があります。

それは、高校時代の英語クラスで、イケテルグループのコ達が、
ブリットポップ(オアシス、ブラー、スウェード等)を絶賛していたからです。
そこで、変な反骨精神が生まれ、イギリスのバンドを拒否するようになったのです。

普段ロックすら聴かないようなコ達が良いって言う位だから、
オアシスだの、ブラーだのは、ただのアイドル的な存在でしかないと思っていました。
実際、そのコ達から、オアシスの『モーニング・グローリー』を借りましたが、
ベタベタなメロディと歌詞が受付けず、全然いいとは思いませんでした。

そんなアンチ・ブリットポップなワタシでしたが、
密かに購入して聴いていたアルバムが2枚ありました。

ひとつはRadioheadの『The Bends』(1995年)、
もうひとつは本日紹介するReefの『Replenish』(1995年)です。

この『Replenish』というアルバム、
曲のフレーズ自体はものすごくシンプルなんですが、
グルーブ感たっぷりな、超かっこいいバンド・サウンドを聴かせてくれます。
ベースなんて、ワタシでも出来るんじゃないかと思うくらい、
必要最低限しか聴こえてきません。

そこに、当時のイギリスのバンドでは、
到底ありえなかった、男臭くソウルフルなゲイリーの歌が乗っかって、
ワタシのハートは完全に奪われました。

アルバムごとに聴き比べれば、
セカンドの『Glow』(1997年)の方がワタシの好みなんですが、
当時受けた、イギリスも捨てたもんじゃないっていうインパクトは忘れられません。
Radioheadの『The Bends』なんかより全然、かっこいいと思いましたから。

本日超久々に聴いてみた訳ですが、
ゆっくりめの曲を聴いていると、
やっぱりFreeの影響が強いんだなぁと感じました。
Reefってバンド名もそこからきているらしいですよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[245] [244] [243] [242] [226] [239] [227] [238] [237] [236] [233]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone