忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★★
総評:ブリティッシュとアメリカンの中間地点にあるロック。


せっかくの連休、風邪でダウンしていました。
ハオリンです♪

本日紹介のアルバムは、
Stereophonicsが2002年リリースしたサードアルバム、
『Just Enough Education to Perform』です。

先日聴いた6thアルバム『Pull the Pin』が、
なかなか好印象だったもので、
遡って聴いてみようとレンタルしたアルバムです。

6枚目のアルバムからいきなり3枚目まで、
ぶっ飛んで遡ってしまうあたりがドジな私です。

さて、内容はびっくりする位に落ち着いた、激シブ・ロックです。
演奏や声は枯れたアメリカン・テイストなんですが、
その中にある優しいメロディは、やっぱりUKなんです。

声を張るときにちょっと鼻にかかったような発声をするのもまた、
UKロックならでは歌モノって感じがします。
語尾の「ビー」が「ンベー」みたいな。

アコギな曲の割合も多めで、全体的に地味な印象ですが、
その落ち着きが大物の貫禄を感じさせます。
3ピースに拘って、余計な音を入れていないのもいいですね。

最近ありそうで無かった、正統派ロックバンドです。

Stereophonics - Lying in the Sun
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[179] [175] [174] [173] [171] [172] [170] [169] [168] [167] [166]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone