忍者ブログ
新潟県長岡市よりひっそり発信中。 ロックの名盤・迷盤を探しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


採点:★★☆
総評:グラム度3割減、パーティ度3割増。


10代の頃、結婚したい芸能人はマジで田中義剛でした。
ハオリンです♪

本日紹介するアルバムは、
Fratellisが2008年に発表した2ndアルバム『Here We Stand』です。

彼らはイギリスはスコットランド、グラスゴー出身で、
デビュー作『Costello Music』を全世界で200万枚売り上げてます。

さて、このアルバムの第一印象ですが、
どっしりと腰を据えて真面目にパーティ・ロックしているなぁって感じです。

前作はもっとバカっぽくて、遊び心満点な部分が際立っていましたが、
こちらは練りに練って、真剣に作ったって雰囲気がありますね。

あと、全体的にギターの音が図太くなってますね。
私はファーストのジャキジャキしてたほうが好みだな。

グラム度が減った分、やや個性に欠けるように思います。
ま、本人たちは本来こういう王道路線がやりたかったんだろうなって、
その辺の気合は十分伝わってきます。

ただ、ワタシの独断と偏見では、
このアルバムの評価は★★(あと一歩)の内容です。
次のアルバムでの盛り返しを期待します。

…念のため、もう一回聴いてみたら、
1曲の津軽三味線風ギターに若干ニヤリとさせられたので、
おまけで☆を付け足すことにしまぁす。

相変わらず、評価が適当でサーセン!

A Heady Tale - The Fratellis Live On Jools Holland


関連レビュー:Fratellis / Costello Music




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[176] [180] [179] [175] [174] [173] [171] [172] [170] [169] [168]
プロフィール
名前:
ハオリン
性別:
非公開
自己紹介:
 CDレビューのブログで始めたつもりが、いつの間にか戯言日記と化してしまいました。何卒お付き合いください。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/26 おっさん]
[08/31 ハオリン]
[06/06 ヘドゲゲイン]
[05/08 通りすがりの・・・]
[12/14 jonn2]
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone